シミ 遺伝

シミは遺伝するっていう噂は本当!?

年齢とともに増加してきたシミ。そういえばおばあちゃんもお母さんも・・・?!シミは遺伝なの?

 

シミは遺伝によってできやすかったりできにくかったりするのか、不安に思う女子もちらほら。

 

遺伝によって生涯のシミの数が決まるのかどうなのかを、メカニズムとともにリサーチしました。

 

シミのできやすさはどういうことによって左右される?

 

紫外線のしわざとささやかれる、女性のにっくき敵である「シミ」。

 

顔にできると、一気に老けてみえてしまう・・・とため息をつく女性もたくさんいますよね。

 

シミも個人差です。若くから浮かび上がる人とそうでない人、多種多様。

 

「どうして私はこんなに早くシミができたの?」「将来的にはわたしのお肌もシミだらけ?」

 

どうやら、シミは遺伝によるところが大きいようです!

 

シミの最大の原因は「紫外線」。浴びれば浴びるほど肌の奥深くにダメージを蓄積し、徐々にそのダメージが皮膚に浮かび上がってきます。

 

けれど、そのダメージを上手に素早く修復すればシミにはなりません。肌の深いところに傷をつける前に修復すればシミにならずに浄化できます♪

 

そして、もともとの肌の色もシミのできやすさに関係があります。

 

色白の人は紫外線から肌を守ろうと頑張り、色が黒くなる原因である「メラニン」を作り出します。このメラニンこそがシミの原因にもなりえるんです。

 

反対に、もともと肌の色が黒い人は紫外線のダメージにもつよく、メラニンを多く排出しなくても紫外線から肌を守れるのでシミになりにくいんです。

 

肌の色は両親や祖父母に似ますよね。ということは、シミのできやすさは遺伝によるとおころが大きいということですね!

 

自分の肌タイプを知って対策をすることが大切

 

シミを防ぎたくば、自分の肌の色を把握することがなにより大切ですね。

 

日本人に多い肌の遺伝タイプは「日焼けすると赤くなってしまう」「日焼け後赤くなり徐々に黒くなる」「日焼け後すぐに肌が黒くなる」の3つにわけられます。

 

色白の方はとにかく日焼け対策をしっかりしないと、あとあとシミで泣かされることになります!

 

とにかく紫外線を肌にあてないこと、が重要となってきます。

 

まとめ

 

以上、シミと遺伝の関係を説明いたしました。いかがでしたか?

 

遺伝とシミには因果関係にあることがわかりましたが、シミを薄くするというクリームも出ています。

 

その中でも一番オススメなのが「アルバニアホワイトニングクリーム」。

 

話題の「トラネキサム酸」を豊富に配合、さらに天然成分である「グリチルレチン酸ステリアル」まで。

 

シミを劇的に薄くすると現在話題のクリーム化粧品です。

 

遺伝だから・・・とあきらめたくない人!あきらめたらそこで終了です。

 

おばあちゃんもお母さんもびっくりするくらいの美肌を手にいれませんか?

 

ハリとツヤを、生活だけでなくお肌にも持たせましょう♪

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ