くすみ ターンオーバー

お肌のターンオーバーとくすみの関連性とは!?

顔がくすんでしまう原因のひとつに、お肌のターンオーバーの乱れがあります。

 

紫外線対策や乾燥対策をしっかりしているのに顔のくすみが気になる時は、ターンオーバーの乱れが原因かも。

 

ではなぜ、お肌のターンオーバーの周期が乱れるとくすみの原因になってしまうのか?

 

お肌のターンオーバーとくすみの原因について、しっかりと知っておきましょう。

 

お肌のターンオーバーとは

 

そもそもお肌のターンオーバーとは何なのか。

 

言葉は聞いたことがあっても、周期やメカニズムを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

ターンオーバーとは、お肌の新陳代謝、お肌の生まれ変わりの周期です。

 

個人差はありますが、20代では約28日と言われています。

 

この周期は年齢を重ねるごとに遅くなり、40代では約55日になるそうです。

 

年をとると、怪我などの傷跡が治りにくく感じませんか?

 

それは、お肌のターンオーバーが若い頃とは違うからです。

 

化粧品の効果が現れる期間も、20代と30代、40代では差があるとか。

 

ターンオーバーの周期が乱れていると、化粧品の効果を感じにくくなることもあるようです。

 

ターンオーバーが乱れると

 

お肌のターンオーバーの周期が乱れると、古い角質が肌の表面に残ってしまいます。

 

これが、顔がくすんで見える原因のひとつです。

 

角質はわずかに黒みを帯びているため、肌に残るとくすんで見えてしまうのだとか。

 

さらに、ターンオーバーが低下すると、メラニンが肌に残ってしまいます。

 

普通ならメラニンを含んだ細胞は徐々に押し上げられ、肌の外に排出されるのですが、お肌の新陳代謝が悪いと排出されずに残ってしまうのです。

 

肌の奥に隠れたシミも目立ってくるようになり、美肌とは遠くかけ離れてしまいます。

 

ターンオーバー周期を整えるには

 

加齢によるターンオーバーの遅れは仕方がありませんが、せめて乱れないようにはしたいですよね。

 

では、お肌のターンオーバーを正常に保つには何ができるのか。

 

まずはやはり、生活習慣と食生活を整えること。ストレスや疲れ、睡眠不足はお肌の大敵です。

 

それと、紫外線からのダメージを予防すること。

 

そして、十分な保湿。

 

お肌は十分な水分がないと、ターンオーバーをすることはできません。

 

紫外線のダメージも乾燥も、それだけでお肌のくすみを引き起こす原因です。

 

その上お肌のターンオーバーを乱してしまっては、くすみを改善するどころか悪化させてしまいますね。

 

普段から美肌を保てるよう、心がけることが大切なのかもしれません。

 

まとめ

 

くすみを改善するということは、いろいろな肌トラブルを改善することにもつながりそうですね。

 

生活習慣や食生活、そして効果の期待できる洗顔料や化粧品を上手に使い、明るい印象の肌を目指しましょう。