くすみ お手入れ

くすみのお手入れ方法間違っていませんか?

くすみがあると、肌のトーンが暗くなって、人に与える印象もマイナスになってしまいます。

 

ここでは、自宅でもできるくすみの効果的なお手入れ方法を紹介します。くすみの原因はいろいろあります。原因別に効果的なお手入れ方法を見ていきましょう。

 

血行不良が原因のくすみ

 

身体が冷えたり、運動不足になると、血行が悪くなり肌が青黒くなるので、表情が暗く感じてしまいます。

 

これが血行不良が原因のくすみです。このタイプのくすみは疲れが顔に表れるので、老けて見えるという特徴があります。

 

睡眠不足や生活習慣の乱れも血行不良の原因となります。

 

このタイプのくすみのお手入れ方法は血行をよくすること!

 

運動をする、顔のマッサージや表情筋を動かす、入浴で体を温める、体を温める食べ物を食べる、などが有効なお手入れ方法です。

 

体全体の血行を良くすることで改善されます。

 

乾燥が原因のくすみ

 

乾燥が原因のくすみは、肌にツヤと弾力がなくなるので老けて見えてしまいます。

 

保湿ができていないのでターンオーバーが乱れ、古い角質が肌に残ってしまうことで起こります。

 

お手入れ方法は肌の乾燥を防いでターンオーバーを正常にすること。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど、保湿力の高い化粧品を使い、肌の奥まで保湿できるようにしましょう。

 

肌の乾燥が改善されたら、ふき取り化粧品やピーリング石鹸をうまく使って余剰な角質を取り、化粧水と乳液でたっぷり保湿しましょう。

 

乾燥が改善されて古い角質がなくなれば、肌がパッと明るくなるでしょう。

 

メラニンが原因のくすみ

 

メラニンが原因のくすみの特徴は肌全体が日焼けのように茶黒く見えることです。

 

化粧ノリが悪いのも特徴です。

 

顔が黒くなるので、日焼けをしたと思う方もいますが、紫外線や摩擦などによって過剰にメラニンが生成されることと、ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが肌に残ることでくすみになるのです。

 

メラニンの生成を抑えることと、ターンオーバーが正常になるようなお手入れが必要です。

 

それには、紫外線対策を徹底的に行うこと。

 

日々のお手入れには美白化粧品を取り入れて、メラニンができないように注意しましょう。

 

さらに保湿に気をつけて、肌細胞に十分な水分や油分を与えて、ターンオーバーがきちんと行われるようにしましょう。

 

ビタミンやミネラルを摂り、質の高い睡眠や規則正しい生活がターンオーバーを促進します。

 

汚れが原因のくすみ

 

汚れが原因のくすみは、洗顔などが不十分なことによって起こります。

 

乾燥肌だからといって水だけで洗顔していたり、洗顔料をしっかり泡立てないと、肌に汚れが残ってしまいます。

 

時には洗顔料をしっかりと泡立てて、汚れを取り除くことが大切です。

 

弱酸性で肌に優しい洗顔料などで顔を洗うようにしてみましょう。

 

老化が原因のくすみ

 

加齢によって、新陳代謝の低下、ターンオーバーの乱れなどが起こることでくすみが表れます。

 

肌細胞の老化はくすみを引き起こします。

 

普段から肌の保湿に気をつけ、血流を良くする運動や食事を生活に取り入れましょう。

 

まとめ】

 

シミの種類にはいろいろあり、原因別の対策が必要なんですね!

 

なかでも、メラニンによるくすみ対策で予約が殺到している美容クリームがあることをご存知ですか?

 

トラネキサム酸とボタニカルパワーで簡単にくすみ対策ができる美容クリームがこちら。

 

>>>>寝る前の15秒でくすみ対策ができるアルバニアホワイトニングクリーム