くすみ 改善

くすみが出来てしまった・・・改善方法が知りたい!

年齢とともにお肌のくすみ、気になってきませんか?

 

どうにかして改善したいと思っている人も多いでしょう。

 

ですが、ひとことでくすみと言っても、いろいろなタイプがあるのを知っていますか?

 

原因や改善方法も違うので、自分のくすみのタイプを知っていおくのは大事なことです。

 

では、くすみのタイプ別に原因と改善方法を見てみましょう。

 

血行不良によるくすみ

 

顔のくすみとは、お肌の透明感や潤い、キメの細かさが失われて、お肌全体が暗く見えてしまうこと。

 

原因のひとつに、血行不良が挙げられます。

 

お肌が青暗かったり、むくみやすい人や疲れやすい人、冷え性の人は要注意です。目の下に青いくまができる人もこのタイプ。

 

規則正しい生活を心がけ、身体を温めるようにするのが改善へとつながります。

 

メラニン色素によるくすみ

 

お肌が茶色っぽい、角質がごわごわしている人はメラニン色素が原因かも。

 

紫外線のダメージが原因なので、まずはUV対策をしっかりとしましょう!

 

夏だけでなく、冬でも対策することを忘れずに!

 

乾燥によるくすみ

 

肌がかさつく、小じわや毛穴も気になる人はこのタイプ。

 

乾燥するとお肌のキメも乱れ、肌表面が凸凹します。

 

それが影となってくすんで見えてしますのです。

 

保湿ケアをしっかりと行い、ビタミンや鉄などのミネラルを摂ることが大事になります。

 

毛穴の汚れによるくすみ

 

毛穴が黒ずんでいたり開いていたりする状態では、お肌がくすんで見えてしまいます。

 

毛穴を詰まらせないために油っこい食事を控えたり、ビタミンCを多く摂取するといいでしょう。

 

メイクはしっかりと落とし、洗顔にも気を使うことが改善への一歩です。

 

老化によるくすみ

 

多くの人が悩むお肌の老化、いろいろな肌トラブルを引き起こします。

 

まず、お肌のターンオーバーが乱れること。

 

ファンデーションのノリが悪くなったら、ターンオーバーが乱れているサインかも。

 

エイジングケア化粧品の他にも、生活習慣の見直しもしてみましょう。

 

そして、最近注目されているお肌の糖化。

 

耳慣れない言葉ですが、糖尿病や動脈硬化を引き起こすことで知られています。

 

お肌に対してはコラーゲンやエラスチンを硬化させ、老化の原因となる大敵です。

 

お肌が黄色っぽかったり、血糖値が高い方は要注意。

 

そんな方は、食生活の見直しが必要になってきます。

 

その他、お肌を老化させる原因としては喫煙もありますね。

 

お肌をきれいに保ちたいのなら、禁煙にトライしてみては?

 

まとめ

 

あなたのお肌のくすみはどのタイプでしたか?

 

どのタイプのくすみであっても、エイジングケア化粧品は改善に期待ができます。

 

自分にあったエイジングケア化粧品を見つけて、透明感のあるお肌を取り戻しましょう。