くすみ 原因

くすみってどこからくるの?原因を徹底解説!

老けて見える原因のひとつ、お肌のくすみ。

 

お肌がくすんで見える原因にはいろいろとありますが、どういうメカニズムでくすんでしまうのか、知っていますか?

 

これをきちんと把握しておかないと、正しいくすみ対策はできません。

 

では、くすみの原因とメカニズムを詳しく見てみましょう。

 

くすみの原因、糖化って?

 

ここ最近、くすみの原因はメラニンや血行不良だけではなく、糖化である可能性もあると言われています。

 

糖化と言われても、ピンときませんよね。

 

糖化とは、体内のたんぱく質が糖質と結びつくことを言うのだそうです。

 

そえrにより脆い状態になり、くすみの原因になるだけでなく、骨粗鬆症や動脈硬化、アルツハイマー病などを引き起こすこともあるとか。

 

抜け毛の原因のひとつでもあると考えられているので、美容の大敵とも言えますね。

 

糖化によるくすみを改善するには

 

糖化によるお肌のくすみは、黄色または褐色っぽいのが特徴で、黄ぐすみとも呼ばれています。

 

肌内部のたんぱく質やコラーゲンが固まってしまうので、お肌のハリにも影響が。

 

甘いものが好きな方は、糖化によるくすみが考えられるかも。

 

まずは、糖質を多く含む食べ物を控えてみましょう。

 

黄ぐすみを改善する化粧品もあるので、試してみるものもいいかもしれません。

 

生活習慣の見直しを!

 

紫外線や血行不良、お肌の乾燥が原因のくすみは、対策もしやすいですよね。

 

UV対策をしっかりとしたり、冷えないようにしたり。

 

ストレスや疲労、寝不足が引き金となることもあります。

 

生活習慣や食生活の見直し、ストレスを緩和させることに気をつけましょう。

 

スキンケアの見直しも忘れずに!

 

紫外線対策もしているし、生活習慣も悪くない。

 

それなのにくすみが改善されない人は、もしかしたら今使っているスキンケアが原因かも。

 

特にファンデーションはお肌に与える負担も大きく、くすみを隠すためのつもりが逆にくすみの原因になっている可能性も。

 

合成界面活性剤やシリコン、防腐剤などが使われているので、肌には大ダメージ。

 

その上、クレンジングオイルにもそういった成分は使用されているので、化粧を落とすのにもダメージが。

 

化粧を全くしないというのは無理かもしれませんが、お化粧を薄くしたり肌に優しい化粧品を使うことを心がけましょう。

 

まとめ

 

くすみ対策に大切なのは、生活習慣、食生活、そしてスキンケア。

 

自分の肌質に合ったケアをすることが大事です。

 

もしもくすみがひどい場合は、皮膚科に行って肌状態や肌質を診てもらうのもいいでしょう。

 

どういったケアをすればいいのか、的確なアドバイスがもらえるかと思います。

 

出来ることは今すぐ実行して、老けて見えてしまうくすみにさよならしましょう。