くすみ クレンジング

くすみをなくすクレンジング方法を解説!

朝は明るい肌色だったのに、夕方になると肌がくすんでいた、という経験がある人も多いのでは?

 

このくすみの原因は毛穴汚れ。

 

ファンデーションと分泌された皮脂が酸化したことによるものです。

 

皮脂が酸化すると、肌に活性酸素を発生させます。活性酸素はくすみだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こす元凶です。

 

くすみのない透明感のある肌を保つには、毛穴汚れをしっかり取ることが大切です。

 

ここではくすみを取るための効果的なクレンジング方法についてみていきましょう。

 

まずは肌がくすむ原因をチェックして、そのあとにクレンジング方法を紹介します。

 

どうして肌がくすむの?くすみの原因

 

くすみを引き起こす原因はたくさんありますが、代表的な原因としては次の3つです。

 

1つ目は血行不良。

 

血液や、リンパの流れが悪くなると代謝も落ちてしまい、顔色が暗くなります。

 

その状態がくすみです。

 

2つ目はメラニン色素の沈着。

 

お肌の大敵である紫外線を大量に浴びることによって、メラニン色素が生成されます。

 

メラニン色素が作られることで、肌はくすんで見えるようになります。

 

3つ目が毛穴汚れ。

 

クレンジングが不十分で毛穴に汚れが残っていると、その汚れと、皮脂が混じり合って酸化してしまい、黒ずんだような感じになります。

 

目のまわりのくすみを取るクレンジング

 

くすみを引き起こす原因はさまざまですが、その中でも毛穴汚れによるくすみは正しいクレンジングで予防することができます。

 

メイクや皮脂の汚れ、角栓を毛穴に残さないようにしたいですね。

 

多くの人が悩む「目のまわりのくすみ」も、アイメイクの洗い残しが原因のひとつです。

 

アイシャドウやマスカラをしっかり落とさないと、色素沈着が起こり、肌のくすみを引き起こします。

 

アイメイクアップリムーバーを利用する、もしくは、アイメイクも落としてくれるクレンジング料で、しっかりクレンジングをしましょう。

 

マイルドクレンジングオイルは、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーも、クレンジングだけですっきり落とすことができますよ。

 

軽くなぞるだけでマスカラの1本1本になじんで落とすことができます。肌に不要な刺激を与える心配もありません。

 

肌へのストレスなく、きちんとメイク落としができて、毎日のくすみ対策も万全です。

 

クレンジングのポイント

 

くすみをなくすためには、メイクと皮脂によって、毛穴に汚れが残らないようにすることが大切です。

 

そのために、クレンジング料は肌に優しく、しかも汚れをきちんと落としてくれるものを使いたいですね。

 

そして、汚れを残さないためにすすぎを入念に行うことを意識しましょう。

 

せっかくメイクを浮かせても、それをすすがなければ汚れが残ってしまいます。

 

ベタつきが残るタイプのクレンジング料ではなく、水とのなじみがよく、さっぱりと洗い流せるクレンジング料を選びましょう。

 

おでこの際、あごのライン、そして目元はたっぷりのぬるま湯でしっかりとすすいでください。

 

このようにきちんとクレンジング&すすぎを行い、角層の汚れを落としましょう。

 

そうすることで毛穴が目立たなくなり、肌色が明るくなります。

 

気になる肌のくすみも改善されますよ。

 

まとめ

 

くすみを発生させないクレンジングのポイントはすすぎにありそうですね。

 

汚れをしっかり落とし、しっかりすすぐ。

 

当たり前のことですが、ホントにできているかチェックする必要があるかもしれません。

 

クレンジングで汚れをしっかり落とした後には普通の美容液ではなく、これを使ってほしいですね〜。

 

毎日たった15秒でくすみ対策ができると人気沸騰している美容クリームです。

 

>>>>寝る前の15秒でくすみ対策ができるアルバニアホワイトニングクリーム