アルバニア 肝斑

トラネキサム酸は肝斑に効果が期待できるの?

毎日暑い日が続くと、何か紫外線が気になって、日傘を差したり日焼け止めをたっぷり塗って、日焼けしないように対応していると思うのですが、どうですか?ただ紫外線って、1年中私たちの上に降り注いでいるのは、もちろん皆さん知って見えると思うんです。

 

でも、いくら日傘を差したり、日焼け止めをこまめに塗ったりしても、やはり紫外線をどうしても浴びてしまいます。

 

紫外線を浴びて出てくるのが、シミやくすみ、肝斑ですよね!そんなシミやくすみ、肝斑に効くと噂なのは、アルバニアホワイトニングクリームという美白クリームなんですが、アルバニアホワイトニングクリームには、シミやくすみ、肝斑に効果的なトラネキサム酸が配合されていると言われているのですが、アルバニアホワイトニングクリームに配合されている、トラネキサム酸って一体どんな効果があるのでしょうか?

 

気になったので、アルバニアホワイトニングクリームのトラネキサム酸がどんなものか、検索してみたいと思います。

 

気になった方は、ちょっとのぞいてみてくださいね。

 

トラネキサム酸は肝斑に効果あるの?

 

トラネキサム酸について

 

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、タンパク質を構成する必須アミノ酸リシンを元に合成されたもの。抗アレルギー作用や抗炎症など止血作用もあって、湿疹やアレルギーの炎症を抑えたりと、止血作用などの目的で使用されている成分です。

 

美白作用

 

メラニン色素の生成を誘導する因子(プロスタグランジン)は、肌が炎症を起こしたときに発生するのですが、トラネキサム酸はこもプロスタグランジンというメラニン色素を抑制する働きがあると、報告されています。シミやそばかす、肝斑の生成を抑制してくれるので、美白効果があるとわかり、厚生労働省で2002年に承認された、医薬部外品の成分です。

 

余談ですが、トラネキサム酸とよく似たm−トラネキサム酸という名前を聞くと思うのですが、この成分はトラネキサム酸と同じ成分なんです。

 

どこが違うかというと、m−トラネキサム酸は資生堂独自の名称になるのです。

 

なぜ、資生堂ではm−トラネキサム酸なのかというと、えら人サイトの活性化を抑制してくれる成分だから、ということでm−トラネキサム酸と頭に「m」が付いてくるそうです。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?アルバニアホワイトニングクリームに配合されている、トラネキサム酸はシミやそばかす、肝斑にも効果があるようです。

 

それに、トラネキサム酸はしっかりと厚生労働省でも認可されている成分なので、美白効果は間違いはないと思いますよ。

 

ただ、アルバニアホワイトニングクリームが自分の顔にできている、シミやそばかす、肝斑に効果があるかどうかは、一度ご自分で試してみないとわからないというところが、正直本音です。

 

なので、もし今シミやそばかす、肝斑に悩まれていて、どこの美白商品を試していいかわからないなぁ〜と思われてる方は、一度アルバニアホワイトニングクリームを、試してみてください。

 

きっと、アルバニアホワイトニングクリームはシミやそばかす、肝斑にうまく作用してくれると思うのです。

 

アルバニアホワイトニングクリームが気になった方は、お時間のある時にでも、アルバニアホワイトニングクリームの公式サイトをのぞいてみてくださいね!

 

>>アルバニア(Albinia)の詳細はコチラ