糖尿病の食事療法をする場合、どのような物を食べればいいのでしょうか? 食事療法で食べるべきなのは、以下のような物です。 ・緑黄色野菜 ・亜鉛を多く含む食べ物 ・アディポネクチンを増やす食べ物 糖尿病の食事療法において、緑黄色野菜は非常に重要です。 緑黄色野菜を食べることによって、糖尿病の原因でもある肥満を効果的に防ぐことができます。 現代人は緑黄色野菜の摂取量が少ないので、意識して食べるようにしましょう。 また、亜鉛を多く含む食べ物も食べるようにしてください。 インスリンを正常に働かせるためには、亜鉛の摂取が不可欠です。 牡蠣やうなぎ、牛のもも肉、チーズ、卵黄、大豆製品などに亜鉛は多く含まれています。 食品で摂取できない場合は、サプリメントで補うようにするといいかもしれません。 アディポネクチンは、肥満予防に効果的なホルモンです。 海藻類や大豆製品などを食べるとアディポネクチンの分泌を活発にすることができ、肥満を予防することができます。 糖尿病の食事療法では、このような食品を食べるようにしましょう。